DYGL JAPANツアー2019のうっすいうっすいレポート

どうも、ヒトツメサイクロプスです。(@rc_cyclops

サマソニ記事がB’zと1975で大渋滞引き起こして大変なことになっててまだ無理です

みる前の話

今回は、そのサマソニのソニックステージで空き時間の告知で見てすぐに行くことになったDYGLのワンマンに行ってきました。

以前は情報として回ってきたり、「次世代はこいつらが引っ張っていく!!」なんてかなりフューチャーされとるやんけと思いながら音源聴いてみたら恐ろしいまでのUK感でブチのめされました。

iTunesの中には彼らの曲が入ってます。

チケットまだあるなら行くか〜といつもの軽いノリでサマソニ会場内で購入。

そしてライブ前日、あることに気づきました。

今回のツアーのアルバム聴いてねえ!!!

2週間あったのに・・・

急いでSpotifyで探して爆音でスピーカーで流して予習

フフフ……イギリス………!!とほくそ笑んでしまうくらい良い感じのギターロック。

特徴あるボーカルの声は解散して聞けなくなった人の声に聞こえてきたのもプラスに働きました。
キドリキドリ……

そして行きの電車の中で得た答えは

ファンがイイネをつけるんじゃない!!

多分モッシュ起きないし酒飲んでユラユラしてたら気分良くなって膝ガクガクなりながら見ることになるやろな……と思いながら神戸VARITへ。

この間に十番で昼飯を済ませ(16時)、品揃え豊富なTSUTAYA三ノ宮店でENDRECHERIのアルバムを借り逃し、開演ギリギリに到着。

パンッパン!!

ソールドしてないみたいだから大丈夫だろ〜〜笑笑と余裕かましてたらミッチリ人が詰まってました。

一応初見だし、フロアの動きもよくわからんので右の後ろで見ることに。

客層はオッサンからサブカルマダム、おしゃれな女性、おしゃれなジョジョの億泰というバラバラな感じ。

いろんな層に支持されてるんだな〜

DYGLのツアーTシャツ来てる人もいたので本当に良い感じ。

スタート

登場曲なしでススゥーッとメンバーが入って開始。

予想通りユラユラする感じのノリ方の人が多い。

新しいアルバム「Songs of Innocence & Experience」中心のセトリで進行して……る……??
(曲名がわかってない)

MC中も思いっきり音出しながらチューニングするからたまに何行ってるかわからなかったですが、空気感が他とは違うものを持ってるような感じ。

「上に上がって酒飲んでもモッシュしてもいいし好きなようにやりましょう!」とボーカルが言ってたんだけどモッシュ起きるのか……?

とか思ってたら中盤でド真ん中でモッシュ発生。

このタイミングで起きんのかよ!?といてもたってもいられなくなり一番後ろから参加

やっぱり身体動かしながらの方が身体全体で音楽を楽しんでる感が出るのでいい………

お酒持ったまま行ったから飲み口抑えてた手がビッチャビチャになったけどね!!

そしてその場の雰囲気で盛り上がってるけどやっぱり何の曲かわかんねえ……

(今回のアルバムの曲かそうでないかはギリわかる)

頭の中ではめっちゃイギリスやな……すんげえArctic Monkeys………が駆け巡ってました。

歴史が垣間見えるバンドってスゴくない???

ジメっとしてんだかカラッとしてんだかよくわからないがサウンドは確実にこっちを響かしてる音でブレない。

100分のあっという間のステージでした。

物販もポスター買うか迷ったけど前回のTempalayのポスター貼ってしまってスペースないので断念。

ビール飲みながら余韻に浸る。

ライブハウスを出て時間を見ると19時。

19時!?

早すぎない……??と思いつつ腹減ったので目についた近くのハンバーグ屋さんへ。

2000円出して大ハズレを引き、落ち込みながらトボトボ歩いてたら出待ちのファンとDYGLが帰り際に交流してました。

ボーカルよりも他のメンバーに列ができてる!と思ったらサイン書いてもらってた。

けっこう帰り際はサラッと終わるバンドも多い中、こんな感じで交流があるのも含めていいライブ感や雰囲気があるな〜

と、微笑ましく思いつつ帰宅。

今はジャパンツアー中で、後から調べたら前はヨーロッパツアー、日本の次はアメリカに行くみたいで、世界を飛び回ってるのを知りました。

このタイミングで見れて良かったんじゃない?

一応セトリも見れたのでそれらの曲を聴きつつ、また成長したDYGLのライブに楽しみにしようと思います。

次の私のライブ予定は……来週土曜ですね。

今度は京都メトロでBlack Midiです。

まだ行ったことないライブハウスで新進気鋭の海外アーティストを見るためにまた仕事頑張る

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました