2019年の年間ベストアルバム 洋楽編

音楽レビュー

どうも、サイクロプス/ウェン2です。(@rc_cyclops

 

年の瀬で締めくくりということで個人的年間ベストを選出しました。

 

洋楽邦楽いっぺんに記事を書こうと思ったらいつも通り時間がかかって徹夜コースが予想できたので分けました・・・・

 

ちなみに邦楽はここから。

 

前回に引き続き、今回の記事は選んだ理由などの紹介記事です。

 

なんでこれ選んだ貴様

というかたのための記事。

 

 

はじめに

・10枚ずつ選出

 

・「今年からよく聴き始めた」アーティストを優先して選出。ほら、私の中でPOLYSICSとかナードマグネットとかはもう殿堂入りだから……

 

・順位をつけると5位と8位とかの基準がわからなくなってIQがドンドン下がってしまったので1位のみであとはノミネート扱いにしています。

 

・洋楽はSpotifyの恩恵が半端ない

 

洋楽

・TWO DOOR CINEMA CLUB / FALSE ALARM

 

Spotifyのニューリリースの候補に先行配信されていた「TALK」があったので何の気なしに聴いてみたら、ポップだけど独特のノリやすさと入りやすさでやべえやべえと過去作掘って掘りまくって聴いてました。

 

今年聴き始めた洋楽の中では一番のアーティスト。

 

Devoみがあるしよい。

 

ライブ見てみてえ~~で今年のサマソニに来ていたので行きましたが、フロアの前から後ろまで踊り散らしていて最高でしたね・・・

 

単独来日もありそうですし来年にも期待。

 

 

・!!!(chk chk chk) / Wallop

 

前作の「Shake The Shudder」のボーカルが分身しているジャケからグルーヴを感じまくって一気にファンに。

 

ディスコパンクバンドとか好きになるしかないよね・・・・

 

1曲目からよし踊れ!!!!!という気概を感じる気持ちのいいアルバム。

 

そして!!!は今年のアーティストの中ではダントツのベストアー写でもあります。

 

見た瞬間心底痺れましたよ私は

 

 

念願かなって今年のリリースツアーに行けました。

 

フロアの中でボーカルが一番元気だったな・・・

 

ツインボーカルの掛け合いがバービーボーイズみたいで良かった。

 

 

・Slipknot / We Are Not Your Kind

 

前作から約5年ぶりの新作。

 

ねえ「All Out Life」は?去年のハロウィンにリリースした「All Out Life」は???となってたけど日本版にはボーナストラックで収録してたのか・・・

 

アルバムのタイトルも「All Out Life」からとのこと。

 

メタルとか好き好んで聴かない友人が珍しくこのアルバムのことを話していたので何事かと思ったらアルバムの完成度がすごいなオイ。聴いてて疲れない!!

 

しっかりSlipknotっぽい曲もやりつつ、全体的にWe Are Not Your Kind(俺たちはお前とは違う)というアルバムタイトルのように周りを圧倒するような作品でした。

 

3月のノットフェスは行くしかねえだろうと考えつつ財布と相談中。

 

 

・black midi / Schlagenheim

 

ネットの奇祭から発掘。

 

こんなインストレベルの複雑な進行で歌のっけられんの???と困惑しながら聴いていた思い出。

 

インスト好きな人はオススメ。私は聴いててワクワクしました。

 

来日公演は運良く行けましたが、実際に見ても得体が知れないすげえバンドだった・・・なんでギターの弦変えながら演奏できんのよ・・・・

 

次見るときは大きなステージのような気がする。

 

 

・FEVER 333 / Strength In Numb333rs

 

昨年のフジロックでのライブ中継で一気に引き込まれ、個人的には満を持して出てきたアルバム。

 

金銭的な事情で行けなかった平日の大阪の来日公演がソールドアウトしたと聞いたときはちょっと泣きそうになりました。

 

洋楽のチケットがマジで売れない大阪でソールドアウト・・・流れが・・・流れが来ている・・・・

 

前作よりもメチャクチャ仕上げてきているという印象。

 

ニューメタル系というか、こういう音楽を聴かない人たちにも殴り込むことができるアルバムでした。

 

来年のコールドレインのフェスに出演するということでそこでまた爆発してほしいな・・・

 

 

・Bring Me The Horizon / amo

「マントラッッッッッッッッ!!!!」

 

多分これがこういうジャンルの指標になるんだろうなあと思えるレベルのアルバム。

 

正直配信当時はええなーで止まってましたが、来日公演行きそびれて聴きなおしまくってたらベストになってました。

 

そういえばバンクーバーでも売れまくってたわ・・・

 

すでに同じジャンルのものを聞くと「マントラッッッッッッッッ!!!!」を期待している自分がいる。助けて。

 

 

・KORN / The Nothing

 

Spotifyで適当にメタルの特集プレイリストを聞いていたらひときわ重い音が。

なんかKORNっぽいな・・・まさかでKORNはないだろ・・・KORNだったわ。

最近のアルバムをTSUTAYAでレンタルしては、まあベテランだしこんな感じか・・・程度で終わっていたのですが、今回はメチャクチャ良かった。

 

そうそうこれこれ!となりつつも今に合わせに来ていて、KORNらしさでマンネリ化するのではなくてアップデートしている感じ。

 

このアルバム引っ提げて来年ノットフェス来るんですよね・・・宿探すか・・・・

 

 

・Rat Boy / Internationally Unknown

 

サマソニ初登場時に友人にオススメされて見に行ってからちょくちょく聴いていたRat Boyの2ndアルバム。

 

すごかったな・・・ステージ上にボーカルの通訳のおばちゃんが「もっと盛り上がってください!!!!!!!!!!」ってシャウトしてたの・・・

 

今回のアルバムはRancidのTim Armstrongと提携して作ってるという情報が回ってきてワクワクが止まりませんでしたね!

 

出されたアルバムはヒヒーッ!!パンクだパンク!!!!などなど、色んな文化ジャンルを飲み込んでいる大好物な作品になっていました。

 

楽器隊増やしてバッチバチの状態で見てみたい。

 

次のアルバムはどんな感じになるんだろうか・・・・

 

 

・Psychedelic Porn Crumpets / And Now For The Whatchamacallit

 

あれ?、今年は2019年??

2009年ではなく????

 

と錯覚するレベルで初めて洋楽を聴き始めたあの頃の感覚が呼び起こされたのでベストにノミネート。

 

バーのマスターにサマソニでオススメありますか?と聞いて出てきたのがこれでした。

 

あの頃を現在進行形で思い出させるってすごくない??

 

ライブもリフの暴力がすごくて最高でした。

 

 

 

 

2019年年間ベスト(アホほど泣いた) 

1位 – LOVE SPREAD / LOVE LIKE DRUGS

 

2018年、自分自身が前職のストレスで頭をやられて身体が動かなくなり、最高潮に死にたくなっていた日、

 

 

ここ数年で一番好きなアーティスト、LOVE SPREADのRyotaさんが亡くなった。

 

LOVE SPREADはニューヨークブルックリン発、RyotaとNarumi、2人組の躁鬱ビットコア、ポストJ-popエレクトロポップユニット。

 

Narumiさんはスサシのベースチヨの姉でもあります。

 

2017年に店舗で80Kidzを視聴しようと思って間違えて聴いたのがきっかけで知る。

 

そこから食い入るように聴き込み、去年にはEPリリースツアーで日本にも来ており、十三ファンダンゴへ会社からダッシュで見に行った思い出。

 

何もかもがグチャグチャに美しくて、感情がブンブン揺さぶられる曲がほぼ大半で、前職の地獄をこれを轟音で聞いて中和してました・・・

 

こんな曲を作っている奴らはいつか突然消えるかもしれない。ブツっと、急に終わりが訪れるのかもしれない。

 

そんなことを感じるほど刹那的な音楽性でした。

 

「SAYONARA FOREVER」のMVで葬式もしているからいつ死んでも大丈夫とかRyotaさんが本気か冗談かわからないことを言ってたりしてたし。

 

まさか本当に亡くなるのか・・・と実感をともなわないまま日々は過ぎ、私自身も、過去と決別するように転職をして生活をしていました。

 

 

 

 

そこから今年の11月に、

 

 

もう新しい曲は聴けないと思ってたんですよ。

 

死んで終わりだと思ってたんですよ。

 

ありもしないことをウダウダ考えてても意味がないから、前を向いて進まなきゃならないと思ってたんですよ。

 

新曲が、、、、、来た

1曲目の表題曲「LOVE LIKE DRUGS」は暴力的なまでに歪められたこのユニットでしかできないカッコよさに溢れてて、ぶちのめされて泣く

 

2曲目の「BEAUTIFUL UGLY -Perfect lies-」はダウナーで退廃的で投げっぱなしな感じ(私の語彙力がない)

 

Ryotaさんが気に入っていた未発表曲、3曲目の「Tokyo Sadness」は心がゆっくり不安定になるような曲で特に好きな曲。「1人で死にたくない」とか書くんやなこの人・・・

 

ラストの「Crazy Broke Aliens」は、Ryotaさんが亡くなる数時間前まで制作していたものをNarumi、Ryotaの弟Keitaと共に完成させた1曲。

 

ハッピーな歌からはとても遠い僕たちがここにいることなんて誰も知らない
本当はいつも憂鬱で社会不適合この気まずさを何かに変えてみたいんだ
僕たちはお金もないし 孤独の中からせめてもの安らぎを見つけることに必死さ

でもいつか僕たちは全てを変えることができるんだ

Crazy Broke Aliens 歌詞

こんなに希望を願うような歌詞を死ぬ直前に書くのかよ・・・・だったら生きとけよ・・・・

 

 

 

1曲目だけでも聴いてほしい。

現状がガラッと変わるような衝撃を、私はこのアーティストで経験したから。

みんなのようにクールになれなかったから、さようならと一緒に飛び込もう

LOVE SPREAD – Myrtle-Wyckoff

 

 

 

 

総評

死してなお心にこびりつくような楽曲を作るんじゃないよ・・・・

おそらくどの音楽ブログでも1位ではないLOVE SPREADが私にとっての1位でした。

 

自分で終わらせたくないからNarumiさんがゲストで出たラストライブも行きませんでした。

なんだこの感情?????まだ終わってないぞ??????

 

 

こんな感情になるようないいアルバムが来年もあることをキ・・・もう何回もしたくないわこんな思い!!!!

 

来年はもっともっと掘っていきたい所存。

 

今年はたぶんこれで終わり?

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました